電子の海でダンスを

ライターの雑記帳。仕事じゃないのでゆるーく書いてます。

【マニアックな昔話】『新潟萬代橋(万代橋)の猫又お女郎の話』 私のツイッターまとめ

妖怪缶バッジ 【猫又・ミニブック付き】 特大サイズ(76mm) ミラー(鏡)タイプ

マニアックな新潟の昔話

 

先日、新潟万代橋にまつわる昔話をツイッターに書いたので、こちらにまとめてみます。

多分、この話、ちまたには絶対出回ってないし、ネット検索しても出ないだろう…というマニアックな話です笑 地域で細かく収集したむかし話を集めて分類化した本に載ってたやつなのです。

さぁ、むかし話始まるよ!

『新潟萬代橋の猫又お女郎の話』

新潟のあるところに、名家のおばあさんがおりました。

おばあさんは大きなうちに住んでいましたが、息子にも夫にも死なれ、一人ぼっちでおうちを継ぐ人もいません。

お金もなくなってしまって、家を取られるということになってしまいました。

 

おばあさんは飼っていた猫に言いました。

「猫や猫。大事な私の猫よう、もうお金がつきてしもうて、この家も手放すことになるんだて、おまんも私も、行き場がなくなる、悲しいねぇ」

猫はおばあさんを見上げてにゃーんとなきました。

「おばあさん、心配しなさんな、あたしがお金くらい、なんとか都合を付けますから」

猫は言うなり、それはそれは美しい若い女に変わりました。

「おばあさん、待っててくださいな。私、身一つで稼いできますからね」

 

猫は新潟古町の花街に稼ぎに出かけました。

猫はそれはそれは美しい女でしたので、良い客がつき、良いお金を稼ぎました。

猫はそのお金をおばあさんに持ち帰り、おばあさんも猫も家から出て行かなくても良くなりました。


猫は本当によくお金を稼ぎました。その美しさに、上越のお殿様も客につくほどです。

お殿様は猫との閨でいいました。

「お前は本当に可愛らしくて美しい女だのう」

猫はにっこり笑いました。

「ありがとうお殿様、私もお殿様が好きだから、私の秘密を教えてあげましょう。

私は本当は猫なんです、私は20の齢を生きた猫又、これは秘密にして下さいね、いかにお殿様と言えども、私の秘密を話したら、生きてはいられませんよ」

 

朝方、お殿様は城に帰ります。

萬代橋に差し掛かったところで、おつきの者がお殿様に話しかけました。

「上さま、上様の馴染みは、この世の者とは思えないほどに、美しい方ですなぁ」

殿様は思わず言ってしまいました。

「そうなのだ、この世の者とはおもえんほど美しいじゃろう、なぜならなぁ、ここだけの話だが、あのおなごの本性は猫なのだ、20年生きた猫又じゃ」

殿様たちの行列は、萬代橋の真ん中に差し掛かったところでした。

朝だというのに、急にあたりは暗くなり、生ぬるい嫌な風が吹きました。

夜のように真っ暗な空の中、お殿様の目の前には目を爛々と輝かせた巨大な大猫が立ちふさがっていました。

「言ったな!私は言うなというたのに、お殿様、約束を破りなすったね!」

大猫は二股のしっぽを振りながら、殿様も家来もずたずたに引き裂きました。

あたりは真っ赤な血が飛び散ります。

「あっはは、あはは、萬代橋にあやめの花がさいたわぁ!」

大猫は笑いながらそう言って消え去りました。

猫が消え去った後には、朝の光の下、引き裂かれた殿様と家来たちのむくろがあるばかりでした。


いちごぽーんとさけた!

 

 

解説など。


さて、ここからは解説です。

このお話がかなり残忍な終わり方をしているのは、化け猫にまつわる言われがあるからだと思います。

たぬき、きつね、犬に猿、むかし話では動物がよく妖怪めいたものになりますが、その中でも化け猫、猫又は残虐な化生だと言われています。

たぬきやきつねと違って、優しくないというか、情がないんですよね。約束を破ったら皆殺し、みたいな酷薄さがあるのが猫の化生と言われています。

 

また、猫が途中で「あやめの花が咲いた」と言っていますが、これは殺める、とあやめをかけた教養ある遊女っぷりを強調するためだと思われます…笑

別に本当にアヤメの花が咲いてるわけじゃないですからね。‏


昔、お殿様と付き合うほどの遊女は、ただ可愛いだけじゃダメで、教養が必要でした。

箏がひけたり、歌が詠めたりしないとだめだったわけですね。

だから猫は教養がある遊女でしたよ~ということです。多分。

だから血の花が咲いたのを殺めて花がさいた→あやめの花が咲いた、と言っているわけです。

 

最後にいちごぽーんとさけた、とありますが、こちらは日本の昔話には必ず付いた終わり言葉です。

他にも、いきがぽーんときれた、等のバリエーションがあります。

もとは物語の終わりにつけた、「一期栄えた」という言葉が変化したものだと言われているのです~。


というわけで、今日はそんな新潟の昔話でした。

これ、多分ネットで探しても絶対でないと思います笑

 

皆様楽しんでいただければ幸いです。

 

【今日の犬】ガールとお兄ちゃんと走る #13

うちにはとにかく犬がいます。

www.sconesconescone.top

 

こういう感じの、私が呼んでも全然こないという、基本的にツンな犬です。

オヤツを持っている場合のみ、積極的にコミュニケーションをとってくる犬です。

 

さて、先日私が夕方家に帰宅した所、近所のガールと、初見の近所のお兄ちゃんが道路で遊んでおりました。

厳密に言えば、ガールはなんかその辺をうろうろしており、お兄ちゃんは素振り?みたいなことしていました。

 

私 (お、久しぶりに近所のガールをみかけました…あのガールは犬が姿を見せるとすごく喜んで撫でに来るガールだったはず……。先日妹っぽい幼女と一緒に犬がいるところにやってきて犬をなでなでしてすごく喜んでいた記憶があります…。

ちなみに、妹っぽい幼女はその後、妹じゃなくて近所の小さいガールっていうことが後で判明しましたね…。

とりあえず犬を外にだしてガールを喜ばせようかな)

 

とか思いつつ帰宅し、すかさず家にいた犬を呼びました。

 

私「犬~!!ちょっと犬いるかな~?チョコ~~~~!おいで~~~~!!」

 

犬はきませんでした。なんなんだ!

仕方ないので、私は犬を家から外にだっこして運び出しました。

 

外にいたガール「あ!犬だ!うわあ、かわいい~~~!」

 

案の定ガールは犬に喰いつきます。犬を外に出してよかった。

犬は大人しくガールに撫でられています。

 

犬は自由なので、ひとしきり撫でられるとその辺をうろうろしだしました。

うろうろする犬をガールは邪魔しないようにゆっくり追いかけます。

犬を追いかけるガールを、私はゆっくり遠くから追いかけます。

 

私「ちょっと遠くへ行きすぎかな~。犬~!!!戻っておいで~~~~!!」

 

犬はやっぱり戻ってこないので、私はまた犬を追いかけて抱っこして家の近くまで戻しました。

ガールも私と一緒にうちの近くまで戻ってきました。

 

私「ねぇガールちゃん、一緒に道の端っこから端っこまで走ろうか」

ガール「走ろう走ろう」

 

私とガールが走ると、いつもは呼んでも来ない犬が、なんか連帯意識をもつのか、一緒に走って遊んできます。

f:id:yamagutijuri:20180211195227p:plain

 

ガール「あははは犬も一緒に走ってくる~!すごく可愛い~~~!!!」

私「あはははほんとだね~~!」

 

f:id:yamagutijuri:20180211195353p:plain

 

ガール「反対向きに走っても犬ついてくるね~!」

私「あはははほんとだね~!!!はぁはぁ」

 

すごく走ったので私はすぐに疲れました。

犬とガールは全然疲れていないようで、しばらくその辺を嗅ぎまわる犬をガールが見守っていたりしました。

その後、ガールと近所のお兄ちゃんがドリブル練習をしたりしているところに、なんとなく犬がゆったりと乱入して、お兄ちゃんを見上げ、

犬「ねえなんでボールをどんどんしているの?」

みたいな顔をして足の臭いをかいだりしていました。

お兄ちゃんは多分根がいいやつなのでしょう、ドリブルをやめて犬を見守ったりしていました。

私はと言えば、お兄ちゃんのドリブルが上手かったので、

 

私「ねぇバスケ部なの?」

お兄ちゃん「そうっす」

私「さすがドリブルが上手いなぁ」

 

などとどうでもいい会話をしていました。

 

私「ねえ、ガール、このお兄ちゃんはキミのお兄ちゃん?」

ガール「違います」

違うのかよ!

私「この間の小さい子もこのお兄ちゃんも兄弟じゃないのに遊んでるとか、ここの近所の子は仲良しだね~」

 

というわけで、皆子どもたちが仲良しな近所ということがわかりました。

犬はその日、ガールと遊んだのに大満足だったのか、いつもより良く寝ていました。

かわいい。

 

f:id:yamagutijuri:20180211200052p:plain

 

 

ところで、最近犬をYoutubeの動画にしてみました。

水を飲んでいるうちの犬なのです。

良かったら見てね。


【トイプチョコ】水が飲みたくてうきうきするトイプードル

【日記】やらかしました。もう!プライベート日記をここに普通に書いてしまった。

恥ずかしい。

さっき気が付きました。

プライベートの日記をここに書いていた…!

 

いつもメモ程度の仕事覚書などを日記につけているんですが(いつ何の仕事をして締め切り忘れたりしないため)、それをうっかりこっちに書いていました。あああああ別に内容的に見られて困るものではありませんが、恥ずかしいですね…。

 

もー!

もーう!

本当に…!!!!恥ずかしい…。

いや~。。。

み、みましたよねみなさん…。

うーん、忘れて下さい…笑

 

こっちに

「人が変われる可能性」

の話と

「機嫌を損ねないことに注力する人の末路」

の話と

「あなた、その川を渡らないで」

の感想を書こうと思っていたのに、、、驚いたのでまた今度にしよう…。

【日記】ブログカスタマイズチャレンジ、そして死亡、その後成功報告

どうも、こんにちは。

機械とhtmlとプログラミング的ななにかと相性がわるい山口じゅりです。

ブログのカスタマイズをしようとしたものの、わからな過ぎて死んだ、という記事を前回書きました。

 

それがこちら↓

 

www.sconesconescone.top

 

『ブログをレスポンシブデザインにする』

『記事にシェアボタンをつける』

『トップページにグローバルナビゲーションをつける』

 

のミッションの内、

『ブログをレスポンシブデザインにする』

しかできませんでした。

 

が、なんと、本日付で、

『記事にシェアボタンをつける』

『トップページにグローバルナビゲーションをつける』

にも成功いたしました。

 

グローバルナビについては、下記を読んだらできた。

 

www.dreamark.tokyo

 

公式からでていたんだね…ちゃんと読めばよかった…。

 

そして、シェアボタンについては、

www.mutant-tetsu.com

を読んでもう一度やりなおしたらなぜかできました。

むしろ、おなじことやったのになんで前回はできなかったんだろう・・・??

 

わーいわーい!よかったよかった!

グローバルナビについては、仮でいれただけなので、クリックしてもとびません。

これからちゃんと入れていきます。とりあえず作った、ということで。

女性だけの街の話に思うこと、立場によって意図が変わる言葉。

 

ツイッターで、「女性だけの街に住みたい」と言った女性のツイートが話題になっているみたいですね。

 

私のフォローしてる人も、フォロワーさんも結構話題にしていて、ちょっと思うところがあったので書きますね。

 

問題の趣旨

つきつめると、この話は

「男性を排除した街にすみたいなんて、男性差別で許せない」

という主に男性からの非難と、

「女性は男性から迷惑をこうむることが多い、女性だけの町に住みたいという気持ちがわかる」

という主に女性からの擁護で議論になっている感じです。

 

つまり、女性論にかかわる問題っぽい。

 

それは誰が言うのかで、意味が変わる。

 

社会の中で、女性の立場は弱いんですよね。

社会的な弱者が、社会的な弱者だけで固まりたい、という時、

その趣旨は、

『もうこんないやな目にあわされたくない』

という心の吐露です。

だから、女性だけの街を唱えた人は、多分そういう趣旨だったんだろうな~と思う。

 

どっかで見たけど、殴られた黒人が、

「もうこんな目に合うなら、黒人だけのコミュニティにいたい」

みたいなことを言っていましたが、これも、社会的な弱者が、とどのつまり

『いやな目に合うくらいなら引きこもりたい』

みたいなことを言っているわけです。

 

他にも私の執筆仲間というかオタク仲間が

「普通の人と一緒にいるとすごい面倒くさいしつかれる…オタクだけで固まって生きていきたい…」

と言っていましたが、これも似たようなもんかもしれません。

 

社会的な弱者が、固まりたいというとき

つまり、社会的に弱い立場の人が、自分たちだけで固まりたい、集まりたいというとき、それはとりもなおさず、

「これ以上傷つきたくない、逃げ出したい」

という心情なわけですよね。

じゃあ、強い立場の人がこれを言ったらどうなるのでしょう?

 

 

『貴族だけで固まりましょう!』

 

例えば、社会的に強い人、そうだなぁ、むかしでいえば貴族とかが、

「平民と暮らすのは無理だから、貴族だけで街を固めて、平民は塀の外に街を作ってもらいましょう」

と言ったら、

「力の強い者だけで利益をかためたい」という自分たちの利益の流出を防ぐ意図か「私たちは特別で、平民は下賤」という差別の意識から発せられるものになるんじゃないかなあ。

 

はっ…急に思い出しましたが、前にすごくお金持ちな人が、

『年収3000万だけの人間だけで集まろう!それ以外の人間には価値がないから』

みたいなことを言っていたような気がしますが、これも貴族だけで固まるのと似たようなもんかもしれません。やだ…現代のお貴族様…闇ですね…。

 

あと、これはイメージの話ですが、たとえば白人の人が

『白人だけで街をつくろう!』

っていったら、なんとなく嫌な気分になります(私は)

なんとなくですが、白人と、私みたいなアジア人とかは格が違うからおいやっとこうぜみたいな意図を感じてしまうからです。言った人がどういう意味でいおうとしたかは別ですけど…。

 

社会的な強者が、固まりたいというとき

社会的に強い人が固まりたいというとき、それは基本的には、自分たちだけで得をしよう、という意図になりやすいのだと思います。

 

特定の集団だけで固まりたい、というとき、この、強い方、弱い方、どっちの立場から言われた言葉なのかは重要だよね、と私は思います。

それがわかっていれば、

『もう傷つきたくないからひきこもりたい』

という人に対して、うっかり暴言をはいちゃったり、見当違いなアドバイスをせずにすむのではないかな~と思いますし、

『私たちだけで得をしよう!』

というずるい人に対して、明確に抗議したりできるのではないかな~と思います。

 

この2つをごちゃごちゃにすると、「もう傷つきたくない…」という人に、猛然と抗議したり、「私たちだけで得をしよう」という人のやばい人のヤバさに見当違いなことをいってしまったりとなりそうな気がしました。TLを見ていると。

 

それにしても、私は基本刀剣沼にいるのですが、刀剣乱舞沼以外でも世の中では大きな学級会が行われているものなのですね…!

 

さいごに。

刀剣乱舞はいいぞ!

 

 

おしまい。

 

【日記】ブログカスタマイズチャレンジ、そして死亡 【追記有】

私は本当に機械とプログラムとうまくやれないというか、気が合いません…。

いや、プログラム的ななにかと気が合わないのです、機械とは割とうまくやれている気がします。

 

何がいいたいかというとですね…。

気が向いたからブログをカスタマイズしたいなと思っていろいろいじっていたのです。

HTMLみたいなものを。

 

用語が良くわからず、ようやく調べて分かったのですが、私がやりたかったのは、

『ブログをレスポンシブデザインにする』

『記事にシェアボタンをつける』

『トップページにグローバルナビゲーションをつける』

ということだったのです。さっきわかりました。

 

で、

www.mutant-tetsu.com

これをよんでレスポンシブデザインのCONTENTSにすることはできました。

 

だが。

シェアボタンを付けようとこれを読みましたけど、

www.mutant-tetsu.com

 

なんでかできない!!!!!

 

グローバルナビは、

www.income-carnival.com

……よんだけどできませんでした…。

 

なんというポンコツ…私、4時間くらい格闘したんですけど…。

 

つかれた…すごく疲れた…HTMLと〈〉でくくられた言語とは仲良く出来る気がしないのです、なんかかつて仲が悪かった数学を思い出すのです…。

どうも絵画的な右脳を使いそうな言語は得意なのですが、左脳を使う数字的な言語とは上手くやれないのです…なぜ…。

 

どうしたら~~どうしたらいい~~!!!!

と思いましたが、今日の所は凄く疲れたのでもうやめにします。

とりあえず、最後に、グローバルナビゲーションで

『TOP』

だけつけられました。誰か褒めて下さい。

うう…記号とかかわりすぎて頭痛がする…。

 

 

追記

topつけたはいいけど、他人のブログに飛ばしていたことが判明したので修正しました。

私…すごい…ポンコツレベルたかい…!!

 

 

【ブログ】トイアンナさんの離婚のことと親御さんと友達。

私は、最近友達に

「ね、東京に来て、私の家の近くに住もうよ。

なんでかっていうと、私が君と東京で遊びたいし、君は才能あるから素敵な仕事を紹介できるし、あと一緒に小説書きたいし、東京はイベントごとが沢山あるしお金が稼げるし、実はとにかく君にいてほしいっていうワガママからなんだけど、どう?」

というお誘いをしていました。

友達は、

「まぁ君は有言実行だしねぇ。考えとく」

と笑っていたのですが、先日

「いいよ、そっちにいくことにしようかな」

と、ついに前向きな返事をくれたんです。

 

でも、先日

「親がね、どうも反対しているっていうか、いい顔しない。どうかなみたいなこと言う…。

私、もうぜんぜん子供じゃないのに、子供みたいな扱いをするし、心配だからって行くなみたいな感じ」

とアンニュイな感じで言っていたので、私はむっとしました。親に。

 

私「君の親御さん、失礼を承知で言わせてもらうけど、付き合いの長い私の知っている限りで君の心配をしたことなんか今の今まで一度もないどころか、君に面倒事ややっかいごとを押し付けて親子逆転してたのに、今更心配だって?

…いや、心配? 良く言ったもんだよ、心配してるんじゃない、心配という形をとって、自分たちが不安だという責任を君に押し付けてるだけじゃないか。

親だったら、子どもが羽ばたこうとしたら喜ぶものなのに、押し込めようとするなんて!しかも君には才能があって色々なことができるのに、それをおしこめてなにが楽しいんだ…!」

 

と憤ってから

(言い過ぎた)

と思いましたが、

 

友達「そうねぇ…まぁとにかくそういう感じだけどねぇ」

 

と言いつつ来てくれる感じだったので良かったです。

と、本題はそこじゃないです。

 

友達の親御さんは、愛に見せかけて愛じゃないのです。

心配というけど、心配じゃない。手元に娘がいなくなったら、自分たちをどうにかしてくれる人がいなくなってしまうという自己保身から心配を口にしたのが私は腹立つなぁと思うのです。

そして、娘の才能や力量を伸ばすことより、とにかく自分たちを守ることを最優先することも、大人げないなぁと私は思うのです。

ただ、こういう親御さんって、けっこういる。

 

で、先日トイアンナさんのこの記事を読みました。

 

toianna.hatenablog.com

 

この記事を読んで、ぼんやり考えました。

胸が痛い。これは、私の友達と同じ話だ。

 

この人は、子供のころから親に利用されてきたのだ。

役に立たなければ存在を許されなかったし、わんわん泣いて迷惑をかけることも許されなかった。

親を満足させる強さは求められたけれど、親を煩わせる弱さは出すなとしつけられてきたんだ。

あなたは、あなたのままいていい、と言われなかったのだ。

自分の要求を伝えることは、許されなかったのだ。

 

戦えるということは、役に立つということだ。

それ以外ができないということは、その人の人生の時間の多くが、

『お前は役に立たなければ存在を許さない』

と突きつけられ続けた時間だったという事だ。

それをしいたのはきっとトイアンナさんの親だと思う。私はそれが赦せない。

 

吠えてかみつく犬は、

人から殴られた犬だけだ。

人は殴るものだと思うから、徹底的に戦わなければ気が済まなくなる。

 

吠えてかみつく犬の心は、

『私は世界が恐ろしい』

と震える小さなか弱い子犬だ。

 

私は、彼女がとても柔らかく弱く、震えている人間に見える。

そして、彼はそれを知っている。

彼女が柔らかく弱く利用しやすいことを見越して、

「あなたが強いから別れは仕方ない」

と、彼女がもっとも反論できない理由で自分の要求を通したのだ。

反論を封じて、彼の悪い部分を視えないようにして、「ああ、私の女としての至らなさが別れを招いたのだ」と彼女が思うように仕向けたのだ。

 

私が一つ思うのは、別れた後に手を繋いだとあるところ、

もし彼女から手を繋いだのなら、彼女は心の中で、みえなくてもまだ、わんわん泣いている。いなくならないでと泣いているのだ。

もし彼から手を繋いだのなら、彼は最低だ。彼女の弱さを巧みに利用して、わかれたくせに、自分が悪者にならないよう、細心の注意を払ったのだ。

 

泣いても、泣かなくても明日が来るというのなら、

泣いてしまうのが正解だ。

 

でも、それができないのもまた、柔らかく弱い人間なのだ。

 

【日記】ゼノギアスコンサートがあたりました。ソラリスシートだ!2018年4月7日8日が楽しみです、という今更報告

ええと、そのままの日記なんですけれども、

先日、作曲家の光田康典さんのツイッターで、光田さんが音楽で携わっていたゲーム、ゼノギアスのコンサートをやるというのをお見かけしてですね、応募したんです~!

 これこれ。

www.famitsu.com

 

私、光田さんのゼノギアスの曲が大好きで、ピアノで弾いたりするくらいなんで、演奏で聴けるなんて絶対いきたーい!と思っていました。

自分でいうのもなんですけど、くじ運とかチケット運とか割といい方なので、

「当たるかな…」

とは応募段階で思っていたんですが、それでもちょっと自信がなかった。

 

なぜなら、光田さんのコンサート、前に一回あったとき、ものすごい激戦でやばかったというのが記憶にあったからです。いえ、その時も当たったんですけど(割とミラクル)予定が合わなくていける人に譲った記憶があります…。

 

多分、今回も激戦……。

 

という予感はあたり、ものすごい激戦だったようなのですが、当たりました。

うわーい神様は見ていた!ありがとう!!

しかもソラリスシートだ!専用チケット+オルゴールついてくるやつだ!わーい!!わーい!!!

 

ふふふ、ゼノギアスの音楽が聴ける、というだけでテンション上がりますが、実は私、吹奏楽とかやっていたので、自分のパート(パーカス)や自分の好きな楽器(コンバス、中低音、クラリネット、ラッパ系)を見て楽しむという楽しみ方もできるのでそこらへんも嬉しい。

楽しみだ…当日まで生きなきゃ…と決意する次第です。

 

ちなみに、私は勝手にゼノギアス好きな友達の分のチケットを取っており、応募後に、

「ねぇねぇ、君ゼノギアス好きじゃない、応募しといたから当たったら一緒に行くよね?」

と電話した所、友達も、

「私も2人分応募したから当たったら一緒にいこう」

という話で、あれ、、何この言わない思いやり合戦みたいなの…?素敵…!どっちかが当たれば行けるね…!

などと感動したのですが、まさかの二人とも当たりました。しかもソラリスシートで。

どんだけ運がいいんだよ。

ということで、私、7日8日両日開催の両方ともいってきます。

いえーいいえーい!ちゃんと行って来たらレポートあげます!

【本】アルテイシア『オクテ女子のための恋愛基礎講座』感想・良かったよ!

今週は私のやってるラジオの中のコーナーで、

「新書を読んで感想を書く」

という課題がでたので、じゃいっちょ読んでみるか~と、

アルテイシアさんが書いている『オクテ女子のための恋愛基礎講座』を読んでみました。

オクテ女子のための恋愛基礎講座 (幻冬舎文庫)

オクテ女子のための恋愛基礎講座 (幻冬舎文庫)

 

 

アルテイシアさんは、こう、オタクの人の恋愛アドバイスをしている方です。

私が一緒にラジオをやっている海燕さんが、「アルテイシアさんの本がすごく面白い」と話題にしていたので、いっちょ読んでみるかと読んでみました。えへへ。

 

感想としては、アルテイシアさんめっちゃ面白い人だな!ということです。

自虐を交えながら、毒舌と「これ、よほどのオタクでもわからないのでは…」という古今東西のオタクネタを仕込んだ文面は、

『ヌシのオタクレベルはどれほどのものだ…さぁ元ネタが判るか貴様…!まぁわかったらわかったでディープすぎるぞ気をつけろ…』

と試されているような気がしました。

ちなみに私は7割くらいはおおよそわかったと思うのですが、この本に書かれているオタクネタ全部わかる人はあまりにもオタクすぎてすごすぎでは…?ていうかこれ一般人は読んでてわかるのだろうか…?オタク女子じゃなくてオクテ女子向けだからオタクじゃないオクテ女子が手に取ったらネタが判らなくて困惑しないか…?などと心配しましたが個人的にはとてもその辺り面白かったのでよしとします。

 

なんだろう、この文章の書き方…中村うさぎ先生にちょっと似ている感じ。

中村うさぎ先生の

 

ショッピングの女王

ショッピングの女王

 

 などの文章が好きな人は、かなり楽しめると思います。

私はとっても楽しめました(笑)

アルテイシアさん、たぶん友達になったら面白そう。

 

 

これ、オクテ女子向けのモテアドバイス本としても読めるのですが、一種アルテイシアさんのエッセイとしても読めるので、そこも面白かったです。

この人がエッセイ書いたら絶対面白いだろうな、という予感がすごい。だってこれエッセイじゃなくて実用書なんですよ一応。それでこの面白さとか、すごいな…等と感心しました。

あと、あれですね…なんとなくですが、個性のある毒親もちの予感がします。

 

 

で、本の感想としてはさておき、オクテ女子はどうしたらモテるのか。

いや、もっとはっきりいいましょう、全然モテない女子や、年齢=彼氏なし(30年以上)という女子が結婚するためにはどうしたらいいのか…!

その戦略がこの本には書かれています。

ざっくりいうと、

 

1出会う人数を増やしまくれ

2自分から誘いまくれ

3自分をディスりすぎる会話をせず自分の価値をあげつつトライ

4自分をいつわらず、でも上手にコミュニケーションをする

 

ということが特に大事、と書かれていたような気がします。

超ざっくり書きましたが、本にはかなり具体的に何をしたらよいのかがかかれており、実践したら効果あるだろうな~と思ったので、彼氏や結婚相手が欲しい人は読んでみたらよいかも。

女子高のりの男ディストークは男の人の前ではダメダメ、とか、ジャニーズをかっこ悪いと言わない、とか、あまりにもな自分下げNGなど、

『あ~これは確かに』

と納得のあれこれがかかれています。

個人的に面白いなと思ったのは「心に横綱を飼う」っていうやつ…(笑)

 

 

 

いつも物語本には★1~5を付けているのですが、基本的に実用書みたいなのには★つけませんのでご了承を。

ていうか実用書って面白かった!というのとなんか違うので、★を付けにくいです。役に立ったかならわかるんですけども。

というわけで、評価は良い、悪いで書きたいと思います(笑)すぱっと!

結論。

「良い!」

です。面白い本を読んだな~!

【割と毒舌】あけましておめでとうございます。雑ガールの新年イオンショッピング総括!

2018年あけましておめでとうございます。

2018年が皆様にとって素晴らしい年になりますように。

 

と口上も述べたところで、本題です。

新年ですので、わたくし、新年初売り、今年の1,2月の短い冬の間&来年の秋冬に着るための冬服セール品を買いに出かけました。

 

というわけで、本日のブログは、私の好みの2017年末~2018年あけてセール品ぶった切りレビューです。

 

レビューの参考までに私のスペック

女子。身長平均より低め、靴はMとLの中間、服のサイズはSかMあたり。

 

セール品を買いに行く目的

私は大体ほんとに欲しい洋服や靴は「それを買うために買い物に行く」というタイプで、それ以外は全然購買意欲がなっしんぐ。

しかし、自分の好きなものだけ購入していると年に数回程度しか洋服や小物やアクセサリーを購入しないので仕事等の人前に出るときに洋服に困ります。あと私の自分の好み最優先の服は世間に受けないしな!

こまる~まじこまる~。

というわけでつまりセールに行く目的は、仕事で着る洋服を見つくろうため!だぜ!!

 

仕事着における基本的な私の思想

・洋服を着たときに仕事できそうに見える

・好印象をもってもらう&仕事先で怒られないためシンプルめでそれほど派手でない服

・値段以上に高く見えるが割と安い~かなり安い(やすければ安いほどよい)

・自分がよりよく見えること&着やすいことの両立

・つまりシルエット重視

・靴は3か月もったことがないので安くいいやと思っている

・鞄も割といためちゃう(パソコンなどを持ち歩くため、鞄の底が抜けたり取っ手がもげたりする)ので安くていいやと思っている

・コートは気に入れば高くていいやと思っているけど数合わせで買うなら安くていいやと思っている

・洋服は消耗品なので安くていいやと思っている

・1000円以下でかえたらいいなと思っている

・正価では買いたくない

・着用しにくいのは論外 

・自分の趣味より世間受け、すなわち男子受けも考える(仕事すると大体男子ばっかりだし)

 

つまり、お金をかけず、いかに安く、好印象でそれなりに見えてかつ使い勝手がよいのかというところを追及したいのです…。

基本的な私の好み

私は流行はチェックするものの追うことがないので、毎年毎年好みが変わらず、

・ベルトありのトレンチコート

・ゴムが入ってないAラインのワンピース

・体のラインがピタッと出るトップス

など、Aラインで体のシルエットがぼけない服が大好きです。柄などはともかくとして、シルエットの好みとしては多分三輪さまと大体同じです。クラシカルエレガントに見える服と、体にぴったりフィットするやつが好きだ!ツモリチサトは敵だ!!!(小物は好きだけど!)

 

そんなわけで、数年前にはやった腰の位置からわざと外したところに重心がおかれたワンピは大嫌いだ!ぺプラムも嫌いだよ!!!(好きな人ごめんね、あくまで私の好みということで)

洋服の流行は流行るとそれ一色になるため、重心ずらしが流行った時はAラインが壊滅していて死にたくなりました!!

 

今回特に求めていたもの

・Aライントレンチ系のシルエットがきれいなコート、ただし4000円以下。

(気に入って5年くらい着てた黒トレンチコートを処分した&同じく気に入ってきている青のコートがやばいくらいぱさぱさしてきたため)

・シルエットがきれいなAライン系ワンピース、ただし安く求める(毎年探しているけど2000円前後で探すとぜんぜんない、いやまぁ全然なくて当たり前なんですけど値段的に)

 

今回あったら買うかなと思っていたもの

・手袋、フィット系ででもフェルトが厚手すぎずやや薄めの上品なもの。これは高くてもよし。一個持ってるけどもう一個欲しいなと思ったため。

・金属取っ手のバッグ、最近ちらっとみかけてそこそこ安いならほしいなと思っていた。私鞄買うとき最初に取っ手がもげるor取っ手がいたんでみてられないという理由で処分になるから金属取っ手ならいたみにくいし長持ちしそうと思っていいなと思ったので。

・2000円以下でそれなりに見えるヒール6センチ以上7センチ以下のオックスフォード型の靴。

冬の靴はいかにかわいくてもパンプス等は寒いので全部覆っているのがよい。

 

 

イオンに来たよ!

 

というわけで実家に帰っているついでに地元のイオンにきました。実家の買い物スポット最大手ですし、テナント60くらい入ってますし。

あと入っているテナントが高くても4000円以下の服ばっかり売ってるのしかないので、安い服を探しに来た私にぴったりじゃないですか。

 

コート

・高!ミュージックでエコロジーなところですら9000円前後。安くて7000円とか…ふざけてる…。4000円以下のコートぜんぜんなし。諦めよう…。

・コートのシルエットが今年はぼわぼわしている。ふくらんだ雀かシロクマみたいなシルエット。AというよりOですよ。まったく好みじゃない。

あとなんかもっこもこの毛みたいなコートがたくさん。ポケットをふわふわの毛で覆ったのもいっぱいある…。

今年のコートこのもこもこを突き詰めた形状、かなりのやせ形じゃないときれいに見えません。やめて、やめてよ普通の女子体型殺しの服…!!!

ちなみにベルトがあるコートですら少数だったので、今年はシルエット微妙…。

 

Aラインワンピ

・コートと同じくあんまりない。伝統的にAラインを売りにしてるアクシーズとかにはいっぱいあったけどアクシーズはちょっとなんというか、仕事着は無理ですね。

・Aライン、あってもロング丈多し。長袖ロング丈ワンピースはとっても使い約シルエットもきれいに見えるんですけど、たった一つの難点は、低身長殺しなことです。

身長高くないと似合わないから…。

・イオンなのに大体3000円前後。もう1000円下げてほしい。

 

・オックスフォード型が大体3900円とか。買うほどじゃないのでもう一声下げてほしい。

・靴はいろいろと可愛かった。個人的におととしあたりから流行りだしている、ヒール部分に金属きらっとさせてるの、良いと思う。

 

バッグ類

・数年前からイオンでコーチの安売りしてるけど今年もあるなぁ

・プラダもあるなぁ

・グッチもあるなぁ

・マークジェイコブズは初めて見た

・私の好きなケイトスペードもあるけど、高いラインはない

・だがしかしどれもネットで買った方が安い。全部イタリアあたりのアウトレットで買い付けたやつなんだろうな~(数年前に私もイタリアで買ってきて安さにおののいた)

・金属取っ手のバッグ、1つしかない。かわいいけど、金属の取っ手部分が短いと持った時のシルエットが美しくないかも。

 

トップス

・ぴったりフィットで安くてよさげなのは…ユニクロに行けという啓示を受けました。ユニクロだね…

 

手袋

・ぜんぜんなし。あと私はクロエの手袋が欲しいので伊勢丹で探そうと思いました。小物系にはお金をかけたい(靴服鞄と違って長く使うことが多いので…)

 

コスメ

・カバーマークが母体のオペラティントグロスが流行ったことにより、各社安いメーカーがオペラをまねたグロスリップ?リップグロス?を大量に出しまくっていたので買いました。もともとオペラティント愛用していたんですけど、切れちゃってたので。

・地方のイオンはいつでもコスメが20%オフだったことをここにきて思い出しました。東京じゃないって素晴らしい。

・ツイッターで話題になっていたキャンメイクのあれやこれやを年甲斐もなく買う(コスメも安くていい派閥に属する)

 

結論、コスメしか買ってないです!!

何しに行ったんだ!という感じですが、コスメしか買いませんでした!

だって今年、なんかロング丈&ぼわぼわしたシルエット殺しコートしか売ってなかったし、ワンピースとか靴は買うほど安くなかったんですもん!!

 

もう今年のセールはおなかいっぱいなので、あとは夏のセールまで自分の好みのものを買う年にしたいです。

今一番欲しいのはダニエルウェリントンのバングルでーす。ローズゴールドのSが欲しいです。私の数少ない美点は手首が美しいことなので、ブレスとかバングル大好きなんですよね…。

 

そんなこんなでセールレビューでした。

ははは、イオンでお買い物は楽しいな!

【今日の犬】漫画になりました①・つみれハンバーグをかってに食べて怯える・洋服を着る #12

うちにはチョコという犬がいます。

 

チョコはトイプードルで、私のことを嫌ってはいませんが、それほど好きでもない感じの態度を出してくる可愛い犬です。

というわけで今日もチョコの生態などを記録します。 

 

①チョコ、漫画になる。

 

ピクシーさとこさん(@nakatter06)がチョコの漫画を描いてくれました。

わーお、びっくりですしすごくうれしいです。

ははは、犬似てますね。絵がうまい…漫画って素敵ですね…!

私の家の犬、こんな感じです。というか、本当にありがとうございます、不意打ちで嬉しかった…笑

そう、うちの犬は一切吠えない無言犬なのです。

そして、よくリュックに入って移動している…!!

 

あと、ファボとかリツイートとかくれている方々、きっとうちの犬を知らない方だと思うのですが、それなのに…!ファボったりリツイートしてくれるとか…神!!

ありがとうございます。嬉しい~~!

 

 

 

②つみれハンバーグをかってに食べて怯える

先日、私は軟骨入りつみれハンバーグを5つ買って、4つ食べて残り一つをこたつの上に置いたまま仕事に出かけました。

帰ってきたら、皿の中の残り一個のハンバーグがなくなっており、

「え????ない?????」

と私が皿を持ち上げたりしていたところ、背後で犬が尻尾を丸めて逃走し、部屋のすみあたりで、あり得ないくらいがくがく震えていたので、

「犬…お前が犯人だな…!!!ふふふ」

などと問い詰めていたところ、犬はますますがくがく震えだし、あんまりかわいいので抱っこして撫でたりしていたのですが、やっぱり撫でている最中も足ががくがく震えていました。

そんなに罪悪感を感じるならなぜ食べてしまうのか。

あと怯え過ぎではないのか。

 

③犬、洋服を着る

冬です。

東京はとてもさむーい。

犬は小型犬で寒さに弱く、洋服を着るとあったかくなるので、冬になると喜んで服を着ます。

犬用の服を出して手に持っていると、着せてもらおうとやってきて頭をぐいぐい押しつけてくるので可愛いです。

服を着せている間はいつになく大人しくしていて、

(いつも触ろうとすると逃げるのになぁ…)

と私は思います。

 

 

というわけで冬の犬のことあれこれでした。

犬はかわいいなぁ。

 

【映画】ユダヤ人を救った動物園〜アントニーナが愛した命〜感想!思いのほかスリル&サスペンス、そして思い出す夜と霧【★★★★】

【映画】ユダヤ人を救った動物園 〜アントニーナが愛した命〜感想


映画「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」予告編

現在海燕さんとラジオをやっている私ですが、そこで

「来週までに映画館にいく」

という課題を出されたので行ってきました。で、みたのがこの映画、

『ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~』です。

 

ポーランドで動物園をやっているジャビンスキ夫妻、妻アントニーナと夫のヤンが、秘密裏にユダヤ人を救っていく…という映画なんですよね。

実はこのお話、本当にあったお話で、アントニーナとヤンが300人余りのユダヤ人を救ったというのも本当のお話です。

アントニーナが経営していた動物園はワルシャワ動物園というところで、いまでもワルシャワで動物園をやっているんですよね。行ってみたい…。

 

原題は、The Zookeeper's Wife、つまり動物園の妻……ってめっちゃそのままだ!

 

 

ネタバレなし感想!

『第二次世界大戦前~戦争に突入するポーランドを舞台にした映画』

ときいていたので、差別に対抗する人情映画なのかな…?などと思っていたのですが、こう、あれでした、予想に反して映画全体のテイストは、スリル&サスペンスでした。

 

この間スパイ映画の「マリアンヌ」をみたんですけど、それよりハラハラドキドキでしたよ!

スパイ映画よりドキドキするなんてドキドキ感がすごい!これは予想外。

 

それもそのはず、これ、誰が敵か味方かわからないんですよ。

ポーランド人も誰が敵か味方かわからない。ナチスの兵隊たちも実は味方がいたりいなかったり、次々と出てくるキーになる人物が、敵なのか味方なのか、どちらについてくれるのか常にハラハラさせられっぱなし。

 

しかもジャビンスキ夫妻、妻のアントニーナと夫のヤンは、秘密裏にユダヤ人をかくまっているため、ドイツ兵に声をかけられたりするたびに

「まさかばれた!?」

と思わせられるというほんと、息を詰めるようにハラハラさせられる映画でした。

 

そのため、ネタバレを見ると面白さが半減します。この映画はネタバレを視ずに、ぜひ誰が敵か味方かわからない状態で見てほしい…!

 

乱暴された女の子はユダヤ人ではないのでは?

物語を通じて、主人公アントニーナは夫のヤンが助けてきた少女、ウルスラちゃんと交流します。

ウルスラちゃんは収容所に連れて行く前に、ユダヤ人を集めて閉じ込めていたユダヤ人居住区にいた少女です。ドイツ兵に乱暴されたところを、夫のヤンが助けてアントニーナの家に連れてくるんですよね。

 

で、ユダヤ人居住区にいたんだから、ユダヤ人だと思っちゃうじゃないですか。

でも、多分違うんです。この子、アントニーナに最初心を開かないのですが、ユダヤ人たちがやってきても心を開かない。あれ?仲間がきたのに?と私は疑問に思ったんですが、途中からなんとなく思いました。

 

彼女、多分ロマです。だからユダヤ人は同胞ではありませんし、仲間でもないので、心を開かないわけですね。

ロマ、むかしはジプシー等と呼んでいた人々。

ナチスはユダヤ人も迫害したんですが、ロマや同性愛者なども同時に迫害していました。なので、彼女がユダヤ人居住区に閉じ込められていたのも不思議ではないのですよね~。

 

ウルスラちゃんがロマなのかな?と思った理由一つは、一つは、アントニーナが彼女に、

 

「あなたの名前、しろくまって意味なのよ、知ってる?」

 

ってきいたこと。その当時、ロマは十分な教育が受けられませんでした。

なので、自分の名前の意味を知っているかとアントニーナがきいたのは、そういった背景を受けてかな??となんとなく思ったのです。

 

もう一つは、ウルスラちゃんが途中で

「まじない歌を歌っていい?」

って言って、ろうそくをたてて歌を歌いますよね。あれでロマかな?と思ったところもあります。

 

ロマはタロット等で占いをやって生計をたてていたり、人々にまじないをしてやったりと、呪術と非常に関係が深い人々でした。

キリスト教が強いヨーロッパにおいて、こういうキリスト教と関係なさそうな呪術的な行為を彼女が行っているということは、彼女ロマなのかも、と私は思いましたね。

あと、このウルスラちゃんの歌った歌がこう…多神教を感じさせる旋律というか…日本の昔の酒つくり歌とか、たたら歌とか思い出すみたいなああいう感じの、キリスト教と関係なさそうなああいうタイプの歌で、ロマっぽい予感を感じました…笑

 

歌のことを書いたついでに思い出しましたが、この映画、アントニーナがピアノを何度も弾きますよね。これ、曲名と作曲者が知りたい…。

多分、意味があるんじゃないかと思うんですよ。ドイツ兵に弾くときはドイツの曲、とか、ユダヤ人を呼ぶときはフランスやアメリカの曲、とか。予想ですけども。

 

映画だと音楽で反抗を表したりするのは割とよくある手法で、風立ちぬとか、古くはカサブランカなどでも使われています。

だからこの映画もそうじゃないかなぁ…??

 

誰か…わかりませんか、アントニーナの弾いていた曲のタイトルとか…無教養なのでわからない…。

 

序盤のカットで気になったとこ、ほか。あとジルスチュアートの話も。

この映画の序盤、象の子を助け、キスをする夫婦、そしてそれを一段高い所から見下ろすライバルのヘック。

このワンカットが、今後の展開の暗喩のような、美しいカットだった!

ここがすごく好きでした。

 

カットの他には、人が思いのほか死なない映画だなとも思いました。

殺戮の時代の映画ではありますが、ほんと人間の死体や血などはほとんどでません。

そういった意味では、血やホラーがだめ!という人でも見ることができる映画だと思います。

 

ただし!

代わりのように動物がことごとく死にまくります。

戦争に突入すると、弱い者が最初に犠牲になる、何て言われますよね。

この映画の中では、犠牲になったのは動物園の動物たちで、ああ、そうだよな、動物は人間よりもっと弱い立場で、この映画の中のもっとも弱い者たちなのだと思い知らされるほどに序盤に動物がばたばた死んでいきます。

 

人の死体がほとんど出ない反面、動物が恐ろしいほどにあっさりと殺され、ハエのたかる血まみれの肉になっていくのはしっかりと描かれていて、これは人間の暗喩では…と思うほどでした。


そして無茶苦茶関係ないですけど、衣装が綺麗でした笑

主人公アントニーナの着ているワンピが、クラシカル+エレガント系なのでとてもよかったです…。

ライバルといちゃつくときに来ていた茶の花柄ワンピース、逃げるときに来ていた茶色のコート、すごくシルエットも綺麗で欲しい……と思ってました笑

 

衣装協力に見間違いでなければジルスチュアートがいたとおもうので、私が気に入った服、ジルのじゃないかなぁ…わからないですけど。

 

アントニーナの白いリボンはかわいいアイテム?

 

そしてファッションついでに「アントニーナの白いリボン」の意味についても、

あれは、白旗、ですよね。

 

あなたに降伏します。という意味。

ツイッターを見てたら、白いリボンがかわいい!と書いてあったんですけど、私は白旗だよな…と思いながら見ていたので、素直に同意できなかった。

 

あのシーンのアントニーナの美しすぎるほどの化粧、そして白いリボン。

あなたの足を舐めます、降伏しますのサインです。

ああ、つらい。 

 

ところで、何度も出てくるコルチャック先生+ハンコ職人女子について

さてさて、この映画を見てると、説明なしにコルチャック先生と、パン屋のハンコ職人女子たちが現れます。

気になった人も多いのではないでしょうか。

 

というわけで勝手に書きますが、コルチャック先生とはあの当時有名だった児童文学者であり子どもの権利を唱えた、ヤヌス・コルチャックという人です。孤児院もやっていました。

なのであの子供たちは先生の孤児院の子たちかな?


この映画には、2度ファンタジーが現れます。

一つはウルスラの歌、もうひとつがこのコルチャック先生による、最後の物語、魔術師の話です。

 

辛い時に人は物語の力に頼ります。コルチャック先生も最後はファンタジーの魔法の力、物語の力で自分と子どもたちを奮い立たせる。

多分彼の場合は頼ったというより、物語の効力を知っていて使ったのです。魔法使いみたいに。うう、つらい…!

 

私は、この、コルチャック先生による魔法物語が語られ、電車に乗せられる子どもたちが、のせてくれるヤンに向って、その両手を広げるシーンでもう号泣ですよ。行き先はアウシュビッツ(映画では明言されません)、列車に乗せる夫の心中を考えると、もう泣きそうでした。

そして子供たちの瞳がほんとうに子供で、キラキラしてて、そのワンシーンに胸がぎゅっとなりました…。ああ…戦争はいやだ…。

 

そしてハンコ職人女子たちは、ポーランドレジスタンス、イレーナ・センドラーさんが組織したものです。

彼女はユダヤ人の子供を組織だって逃したレジスタンス革命女子(しかも最近まで生きてためっちゃ長生きおばあちゃん)、で、カトリック教徒、バチカンからこの件で表彰されています。

 

最近のノーベル賞候補だったらしいです。受賞しませんでしたけど。

根性ある人なんですよね~。

 

脚本的に面白かったところは?

一つ脚本的に面白いな、と思ったのは、アントニーナの夫が、シナリオ上で強制退場させられるところですね笑

 

この映画の問いたいところは、

「支配(コントロール)」

だと思います。アントニーナも一度はっきり明言しています。

で、ラストにその支配の問題と戦うというシナリオに絞られていく。

 

ただ、そのために夫がいるとちょっと邪魔なのです。

夫がいると、色恋沙汰や嫉妬の問題などがからんできて、ちょっとシナリオがぼけちゃう予感がします。

それが、退場することによって、シナリオが目指す着地点まで、余計なものがなくなっていくというのがうーん、うまいなーと思いました。

 

その他覚え書き。

・支配される側にとっては、性的なものを見せつけられるのは本当に屈辱になるんだなと思いました。

敗戦した側の公共放送を全部ぽるのにしたというエピソードをどっかできいたことがあるんですが、そういうのがあるくらいだから、そうだよなぁとは思いましたが。

ちなみにこれはバッファローの件で。にやつく兵士、顔を伏せるアントニーナのシーンですね。

 

・ドイツとポーランドの背景としては、ポーランドはヨーロッパの中であの当時2級ヨーロッパ人みたいな扱いでした。近い地域のハンガリー等も同じ扱いでした。

だから、最初のシーンでやけにアントニーナが馬鹿にされたり肩身がせまかったりしていますがそれは多分そういうところから。

 

・字幕放送だったので、字幕ではアントニーナがよく「動物たち」と言っているんですが、英語をきいてると、愛する子たち、とか愛しい子たち、みたいなラブなんちゃらみたいな、子供をスイートとかキューティーとか呼ぶみたいな感じでよんでて、言葉にも動物愛が溢れておりました…!

 

・あとやっぱり演技よかったなぁ。アントニーナ役のジェシカ・チャステインさん素晴らしかった。体張ってましたね~!

そして最後のアントニーナの悲鳴は悲鳴じゃなくて慟哭というか、嗚咽のような、そうですよね、そうなりますよね。うわーん!ネタバレになっちゃうので伏せますが。

 

・ワルシャワが、その後空爆で灰になることを考えると、あそこにいることは全ての意味で詰みなんですよね。アントニーナはその意味では、あれがばれてよかったのです、逃げる契機になった…!

 

この映画は映画館で見てほしいかも。

それにしても、この映画で爆弾が落ちた初弾一発、私はめっちゃびっくり+恐怖で戦争の迫る恐ろしさの臨場感が全然違ったので、映画館で見てよかったなぁと思いました。

落ちる爆弾の、威力と音が半端なかった…。最近の映画館すごい…。

この臨場感だけでも、心に響き度がなんか違う気がしたので、皆さんもぜひ映画館で見て下され。

 

そして映画を見て、フランクル先生の本『夜と霧』を思い出しましたね。

 

「良い人は帰ってこなかった、全てが悪ではなかったのだ、ナチにも悪人も善人もいた」

 

という言葉が本の中にありましたが、これ、この映画の主要なメンバーに言えることですよね、主人公含め全員、悪人ではないが、完璧な善人でもない。完璧な善人ではないが徹底した悪人でもない。

それが、ナチであっても。

 

 

最後に。

今回の映画、映画館で泣きすぎてやばかったです…笑

もーいつからこんな泣いてしまうようになったんでしょうか私は。

そして、映画館は、スターウォーズ一色でした笑。

皆スターウォーズしか見に来てない!

アントニーナ見に行った私がかなり異端者な感じに…!!!

 

というわけで今回の映画は★4です。★4なのは、私にとっての萌えキャラがいなかったからというだけでです。

おすすめでーす!

 

 

追記。

今日海燕さんと話した「ユダヤ人を救った動物園」の話などはこちらのラジオでーす。

www.youtube.com

 

【日記】ゆるゆると生きています

皆様お久しぶりです。

 

数か月ほど、ブログを毎日書く、という執筆毎日チャレンジをしていた私ですが、こちらを続けたことで、ちょっとした発見や、ちょっとしためどが見えたので、いったん達成としてやめ、仕事等をしながら日々を過ごすなどしております。

 

毎日執筆チャレンジをしよう!と思ってブログを書いていた時から数か月たち、新しい目標やそのほか色々なびっくり出来事などがあるのですが、それはまたちょっと別の時にまとめたいと思います。

というか、ほんとはそれをまとめて新しい目標とかブログに書こうと思ったんですが、ちょっと忙しくてできない、もっというなら面倒でしてない、が正しいんですけどね。

 

あと、仕事関係で、悪いことではないのですが、

 

事情により書けない!!!!!!

 

言いたいけど!!!!

言えない!!!!!

 

みたいな案件が多く、ブログに何にもかけねぇだよ…という感じです。

まぁ悪いことではないのですが、こう、あれですね、言いたい~!

 

もうちょっと落ち着いたら、またブログを日々更新する感じで行きたいと思っているので、ちょいちょい待っていてください。

 

現在はシナリオとか小説系の執筆を頑張っているので、生暖かく見守ってくだされば幸いです。

 

多分11月末から12月くらいにはボチボチ書いて行けると思います。

ふっふー、もうちょいだ!

今日のお題「滑舌と声優と男の人」#11

今日のお題は滑舌でした。

 

が、実は毎回お題について書いている時、

「お題が入っていれば自分の好きなタイトルつけていいんじゃないでしょうか…いやつけたい」

と思っていたので、今日からタイトルにお題が入っていれば、自分の好きなタイトルを付けてよいことにしまーす。

 

というわけで今日のお題は滑舌…なので、タイトルは「滑舌と声優と男の人」です。

 

滑舌のうまい下手

私はナレーションとか声優とかを(ときどき)やっています。

いやライターなんですけど、ナレーションもやっているのです。

詳しくは下記をどうぞ。

www.1101.com

 

さて、私が初心者で、滑舌がいい話し方、しゃべりかたというのを習い始めたばかりの頃は、人の滑舌が気になる、ということは全然ありませんでした。

もちろん、私も今より滑舌がだーめだめでしたし、自分の悪い所も全然わかりませんでした。

 

しかし、それから数年がたち、今現在、話している人の滑舌の良し悪しがすっごくわかるようになりました。

単純に滑舌が悪いというものだけでなく、ちゃんと話せている人でも、

「あ、この人ラ行のラとリが話せてるけど弱い、、、あ、この人はザ行のジがうまくいえていない…この人は「シ」、あと「チ」かなあ、話せてるようでうまく言えてないや」

などなど細かい所が気になる様になってきたのです。

 

ちなみに、自分の滑舌のことも明瞭に至らないところが判るようになり、

「あ…自分今「リ」「シ」が滑った…」

などと電話しながら思ったりするようになりました。

ただ喋ってるだけなのに、心の中で自分の滑舌ダメ出しするようになったので、やや日常の疲れ度は増しましたね。いや、滑舌良くなるようにもっと練習すればいいんですよね…!

がんばろ。

 

滑舌の良し悪しが判るようになったのは、音楽と同じで、自分がものすごくうまいとかじゃなくても、長くききこんでいると、良し悪しが判るようになるのだろうと思います。

 

私は吹奏楽部でパーカッション(えーとわかりやすくいうと太鼓とかやってるパート)、邦楽部でお箏(お琴)をやっていましたが、どっちも超初心者の時はよしあしなぞ一切合財わかりませんでした。

 

が、やっぱり2年くらいやってると仮に自分が下手でも、他人の演奏の上手下手がわかるようになりましたし、4年くらいたつと相当細かいところまでわかるようになり、まぁ滑舌に限らず、耳から入る音にかかわるものは、そういうもんなんじゃないかなぁと思うのです。

 

最終的に吹奏楽なんかは例えば30校の同じ演奏をきいて、その中から金賞とる上位3校を当てるレベルになりましたよ…!

あれです、ガクト様の一流芸能人をなんちゃらする番組で、楽器演奏のやつも一切外さなくなりました…。

ちなみに、その番組を見てると、吹奏楽の音の良し悪しを当てるときだけ、元吹奏楽部の友達たちが、ツイッターで荒ぶるのが面白いです。全員一発で良い方を当ててくるところも面白い・・・やはりみんなわかるのですな!

 

 

で、とにかくまあ話はそれましたが、私は滑舌のすんごい細かい良し悪しまで感じるようになったんですけど、これ弊害があったのです……。

 

滑舌の悪い男子に心が狭くなる現象

まず最初に言っておきますが、私は基本的に男子に怒ったりイライラしたりすることはほとんどないのです。

というか、よく考えたら女子にも怒ったりイライラしたりしないのです。

そう、男女ともに、セクハラかまされるか男尊女卑をされない限りは、本当にまったくイライラしないのです。

 

それなのに…!!

それなのに最近気が付いてしまった…!!!!

 

微妙なラインで微妙に滑舌の悪い男子にめっちゃモヤモヤする!!

ちょっと素敵だな…♪

と思った人が滑舌悪かったりすると、

 

スキ度(好感度)『ぎゅーん』

 

とスキ度が下降…!!いや相手も「お前のスキ度とか知ったことかよ」って感じなんですけどわかってますけど勝手に私の心が…!

 

それに自分もよく「リ」が言えてなかったり、「ゼ」が言えてなかったりするから人のこと超言えないけど、いらいらする!!

 

心の声(あっ、……もうちょっと「サ行」をしっかり…!とくにサとシ!!!!!がんばれ!!!!)

 

とか思ってしまい、もう

『すてきだな~♪』

どころじゃなくなってしまうのです。

例えばデートとかで相手の人の滑舌がどこかピンポイントで悪かったりすると、もうなんかいろいろ食事とかに集中できなくなるのです。

 

私はこれ以上好みの男子の幅を狭めて何一ついいことがないのにまた一つ好みの幅を狭めてしまったのです。やばい。

求む、滑舌の良い人。

 

ちなみに、女子が滑舌悪い場合は特に何も思わないので、私はもしかしたらとんだ男尊女卑野郎なのかもしれないです…??

というわけで、今日は自分のことを最高に棚に上げて滑舌の話でした。

おしまい。

 

 

今日のお題「えのき」#10

 

のびのびキノコ エノキ

 

えのき…今日のお題はえのきかぁ。

わかりました!えのきについて書きます。

 

最近、えのきが好きです。

今まで「えのき」が好き、と思ったことはありませんでしたし、そもそもあまり買うこともありませんでした。

えのきをかうなら、栄養豊富なマイタケとか、あじがでやすくて安いシメジとか、体によいと話題沸騰だけどあんまり売ってないから見かけ次第買う、タモギダケとか買っていました。

 

だが!なぜかこの一年ほど、えのきだけが大好きになり、頻繁に購入し、また、冷凍庫にストックまで置く様になってしまいました。

 

なんか、どうしてだろう、急に好きになったんですよね。

あのわさっと大き目にわけて味噌汁にいれたときのぷちぷちした食感とか、炒めものに入れた時の歯ごたえとか、なんていうか歯触りというか口触りが良い所がとてもいい感じに感じます。

 

あと、食べた時に、ちょっとミルクっぽいというか、クリーミーですよね、えのきって。

ちょっと甘みがあって、口当たりが優しい所もよいです。

他のキノコってあんまり口当たり優しい感じがないので。マイタケとか、しめじとか。

あ、マッシュルームはちょっと優しいかな??

 

というわけで今日は夜中にえのきとピーマンと玉ねぎと人参とにんにくをバターと醤油とヒマワリ油でいためてそれに生姜の粉をかけて食べました。

 

すごく美味しかったー!

 

野菜炒めを作るときは、醤油とバターを入れた後に、たっぷり油を入れてあげると美味しく仕上がります。

とくに調味料がない時には簡単で重宝なメニューなのです。

 

そんな今日のお題は、えのきでした。

 

スポンサードリンク