電子の海でダンスを

ライターの雑記帳。仕事じゃないのでゆるーく書いてます。

立っているだけで苦しくて、全部私が悪いような気がする。自尊心と自己肯定感が低い人のためのレッスン。その1

 

こんばんは。

タルムードの言葉が大好きな山口じゅり(@toukajuri)です。

タルムードの中に、

『正しい選択と悪い選択があった時、正しい選択ができるというだけでは賢いとはいえない。

悪い選択が二つあるとき、よりましな方を選べるのが賢いという事である』

なんて言葉があります。

賢いって奥が深い!

他にも愚者と賢者の定義の話とかなかなかに面白い言葉が沢山あるので、タルムードの言葉は大好きなのですよね~。

 

それはさておき。

 

私は占い師、カウンセラー(この2つの仕事って、根本的なところは結構共通してるんです)なんてことをしているので、仕事柄、色々な困りごとを抱えた人に会うのです。

 

その中でも、解決がなかなか難しいのが、漠然と『生きているのがつらい』という人たち。

 

そういう人には特徴があって、例えば、

・言い返せばいいと言われても、言い返せない。相手が悪い場合でも、自分は悪くないって言い返せない。

・トラブルがあった時に、自分が悪くなくても、全部自分が悪い気がする。

・自分がつまらなくてちっぽけで、たいした人間じゃない気がして、気持ちが落ち込んで仕方がない。

・自分さえ我慢していれば、万事うまくいく気がする。

・毎日が憂鬱。

・褒められても、何かたくらみがあるんじゃないかと考えてしまう。褒めを素直に受け取れない。

こんな感じです。これを読んで、自分あてはまってる!って思った方はいるかな?

 

どうして上記のような気持ちになったりするのかと言えば、基本的には

『自尊心と自己肯定感が低い』

ということにつきます。

つまりは、自分を自分で大切に思う気持ちが少ないということですね。

 

こういう人それぞれに、困っている原因が多種多様にあり、解決法も一つじゃないので、個別に相談をきいて解決方法を探っていくのが基本ではあると思います。

 

が。

 

このブログを見てる誰かは今すぐ私に相談できるわけじゃありません。

そもそも、私に相談したいと思っている人も少ないでしょう。

しかし、私はこのブログを読んでる人に少しでも元気になってほしいと常々思っています。

なので、勝手ながら、今日は自分一人でも簡単に実践できて、誰でも今からすぐにできる、『自尊心と自己肯定感を上げるための方法』を、一つ提案したいと思います。

 

 

方法はとても簡単です。

 

『ご飯をお皿に盛る』

 

ただこれだけです。この方法、自尊心を高めるだけでなく、実はダイエットにも効果があることがわかっています。

あー待ってくださいばかばかしいと思いましたね!?

そんなくだらないことって思わないでください、これにはれっきとした理由と効果があるんです。

 

それについては、明日お話します~!

(今日は眠たくなってきた)