読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子の海でダンスを

ライターの雑記帳。仕事じゃないのでゆるーく書いてます。

【今日の犬】 ソラマメの上のお姫様みたいな犬・水を要求するためにくるくる回る #4

 

うちには犬がいます。

トイプーです。

こんな感じ↓

juriscone.hatenadiary.jp

 

さて、今日も犬について。

 

その① ソラマメの上のお姫様みたいになる

部屋の掃除をするため、掛布団と掛布団と敷布団と敷布団、合計4枚をベッドの上に積み重ねていたところ、気が付いたら犬がその上にのって眠っていました。

とにかくフカフカなところが大好き!!

な犬ですが、4枚もフカフカな布団が積み重ねられたところを発見して、いてもたってもいられず上に乗って寝たのでしょう。

14歳という老犬の割に、高い跳躍力……。

4枚を四つ折りにして重ねていたので、非常に高さがあったのですが……。

 

私は塔のように積み重ねられた布団のてっぺんで眠る犬を視ながら、

『ソラマメの上のおひめさま』

という昔話を思い出していました。

詳細は割愛しますが、ソラマメの上に100枚くらい布団を重ねて、その上に貴いひめぎみと名乗るお方を寝かせたら、そのひめぎみらしき者が、

「昨日は布団の寝心地が悪くて背中がいたかった」

と翌朝発言し、それをきいた皆が、

「おお!100枚布団を重ねたのに、あのソラマメで体を痛めるくらいの貴いお方は、間違いなく姫君であらせられる」

と納得するというお話です。

自分でかいててすごい話だなと思います。昔話って突拍子もない!!

 

いえ、まぁうちの布団の下にはソラマメありませんけど。

 

 

その② 水を要求するためにくるくる回る

ここの所いそがしく、ずっと自炊するか書き物するか連絡するかみたいな生活で、犬のごはんに気を付けるのをすっかり忘れており、先ほど犬が私の脇の下に顔を『ぼすっ』と埋めた後、華麗なステップで後ろに下がり、2回転しながら私を導く様に台所と私の間くらいの所まで走って振り返りまた2回転する、みたいな行動をとって私を呼んでいました。

ついていったら台所まで案内してくれて、犬の水が空になっていました。

ごめんねって言いながら犬に水をやりました。

ごめんほんと。

 

そんな犬の近況です。

犬はかわいいな~