電子の海でダンスを

ライターの雑記帳。仕事じゃないのでゆるーく書いてます。

【日記】それ足さなくてよくない?編+私もアルよ編

今日は最近あった出来事などをメモ書き程度に記載しておきます。

 

①それ余計だったやつ

今日はオーディション的なもの、ようはこう…審査的なものがあったため、私はワンピースを着ていました。

あと、多少髪の毛もかわいくするかーとちょっぴりポニーテールでした。

 

私は基本仕事するときは、パンツかロングスカートなのでワンピースは割と珍しいことですし、髪の毛は適当に一つに縛るか流してるかのどっちかなので、髪の毛を適度にいじっているのも珍しい。

 

友達「わ、今日凄い可愛いじゃん!」

私「わー君もすごいかわいいじゃないか~、やっぱり今日は決めないとだもんね!」

友達「いやーほんと可愛い、ぱっと見で君だって気が付かなかったわ(笑)」

 

最後のコメント足さなくてよくない?今日可愛いねでよくない??

嫌味ではなく、本当に本心から『ぱっと見で君だって気が付かなかった』って言っていたのを感じたので、ちょっともう怒るよりも先に笑ってしまいました。

正直じゃな~。

でも私今日そんなに盛ってないはずなんだがなー。化粧は同じだったぞよ!

服装と髪の毛くらいしか違わないぞよ!!

うーんでも髪の毛はいじると見た目結構違うかぁ…。

 

 

②いつものコンビニでアルよ

 

レジに並んでる私「お願いします」

店員さん(チャイナ系・李さん)「……(ちょっとみつめる)」

レジの私「?(何か見られてるなー)」

商品をスキャンする店員の李さん「…あいてるネ」

レジの私「??」

店員の李さん(そっと私の股間…じゃなかった社会の窓を指さす)

私「……!!…あっ、ありがとうございます…(そそくさとチャックをしめる)…恥ずかしい…」

力強い笑顔を浮かべた李さん「大丈夫ネ…。私もあるネ」

商品を受け取る私「(フォローしてくれる優しさ!!!プライスレス!!!)」

 

ということがありました。

よく考えたら店員の李さんも私も社会の窓が開いていたら大丈夫じゃない気がしましたが、とてもほっこりしました。

 

そんな最近の出来事でした。