電子の海でダンスを

ライターの雑記帳。仕事じゃないのでゆるーく書いてます。

【読書感想】音楽系ライター必読では?『ソーシャル時代に音楽を"売る"7つの戦略 ~ “音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス』

ソーシャル時代に音楽を

 

音楽系ライターってwebでどう書いて何したらいい?って人、こちらの本が良いと思いまーす!

 

結論から言えば、SNS時代は音楽はライブメインになり、音楽は共感とともに拡散し、共有される、という話。

…… まぁこういう話自体は、いろいろなところで出ていますよね。

この本で特徴的、かつポイントが高いのは、ではどうやって音楽を共感とともに拡散し、共有し、『仕事として利益を出していく』のかを研究し、実践を振り返りながら結果をインタビューとして載せたりもしているところです。

 

ソーシャル時代に音楽を

ソーシャル時代に音楽を"売る"7つの戦略 ? “音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス

 

 

 

非常に具体的な手法、施策を事細かにデータを使いながら述べていて、理解しやすく、どういうSNSをどのように使ったらいいのかも具体的に述べられている点が好感が持てます。


分析図が多く、データ読むのが苦手な人でも読みやすいです。

音楽記事の書き方のかなり具体的にあり、音楽系の記事執筆の初心者ライターにはとても役立つと思います。


音楽系の記事のタイトルは、共感ベースがよいみたいという話や、そのタイトルの付け方などなど、本当に細密に書かれています。

 


曲に興味はないが、知ってくれればこれからファンになってくれる『潜在層』という人々がいて、
SNSがない時代は、タレントを、この潜在層へのアピールに使っていました。
しかし、現在のようなSNS時代での宣伝では、共感する=潜在層がファンになるなので、共感が必要、その共感を生み出すには、タレントと潜在層の架け橋をする友人知人というインフルエンサーが必要だよねー、という話も書かれていました。


あと、PVやいいねを10000集めることじゃなくて、買ってもらう、きいてもらうことをちゃんと目標にしてねって。わかる……現場ってすぐPV至上!ってなっちゃうので……(遠い目)

 

10000人のライトファンより、1000人のコアファン。

コアファンが音楽の利益を運んでくるという話、音楽のプロモーションの話でありながら、何より、これって音楽のジャンルを問わない話ですし、音楽に限らない話でもあります。

 

ネットニュースに関しては、リアル媒体と違って、それが人々を巻き込んだ現象になるという言及も。

一般人が編集や共有することでそれが起こるとな。すごいのはあまりメジャーとはいえないがバズを起こしやすいtogetter等のツールについても記載があるところです。

 

ツイッターの分岐を使ったフォロワー拡散巻き込み施策についても言及があり、事細かに研究しているなぁという印象を受けました。


ツイッター分岐でユーザーを巻き込む方法は、これも音楽に限らない話で、『選択肢があってユーザーが参加できる』というゲーム的な要素は、参加者を熱狂に巻き込みやすくなりますよね……!

 

拡散されるMVについても言及されていて、踊ってみた動画の影響や初音ミクの話、音楽+ダンスは強い、あと、歌ってみたが拡散に一役買っているという話もあり面白いです。

 

後半は配信とかチケット販売とか、音楽を売ってくれるプラットフォームについてですが、同人誌販売に似てるなと思いました(私は同人誌よく作るので)……今はどこも1枚から(同人誌だと1冊から)作ってくれるので便利な時代だよなあと思いながら読みました。

 

2012年の本なので、ニコニコ動画についてとか、ちょい古いかな?という部分もありながら、読ませる本でした。


特に、音楽系のライターになろう!という人は一読しておくといいです。とりあえずこれが手元にあれば基本的な記事はかける……はず!

(逆に言えば音楽マーケティングと関係なく生きてる人は別に読まなくてもいいと思います、面白いけどね!)


良著でした。

アマゾンレビューを見たら、的外れな評価ばかりでびっくり。

ほんとあてにならないなぁアマゾンのレビュー。

スポンサードリンク