電子の海でダンスを

あたまのゆるいシナリオライターの雑記帳。

やんわりと口をふさぐ、及び 夢、よく覚えていたなぁ……

相手の立場が上で、一緒に仕事をするというのは、やんわりと口をふさがれるのと同じだ。

あるいは仕事を受けさせていただくとき、その中には非難を封じる圧力がある。

別にそれを責めているわけでなく、構造としてそういうものがある。それは先生と生徒にそういうものがあるように、仕事を受けたら最後、そういう圧力はやんわりと存在し、それがわからない感じられないというなら、相当空気よめねぇやつだな、と私は思う。

 

だから私は仕事を選びたいな、といつも思っている。あるいは仕事をしていても、相手が決定的に誤っているとき、それは誤りだと言えたり、たもとを分かつ選択ができる仕事をしたいなと思っている。

 

なんでこんなことを書いたかというと、ただそう思ったからで、別に何かあるわけではない。ずいぶん前に、すごく大きなメディアの仕事の話になったとき、ふとそう思ったのを今思い出したからだ。

 

 

今日も今日とて仕事の打ち合わせ。

ナレーションとキャラの依頼、あと短編シナリオを今月中にできるだけたくさん、という話と、1カットいくらというマンガの色塗りの話など。最近は動画依頼が多い。声優さんが足りないので、誰かやりたい人を探さないとなー。
担当の人が、非常に礼儀正しく、素晴らしい対応の人だったので、この人のために尽力しよ……!というモチベーションが上がった。ううう素敵な人だった、声も活舌もよかったし……!

 

そういや、だいぶん前に私に粘着嫌がらせしてきた知人が、採用になった出版系の仕事を2か月くらいで首になったというのが風の便りできこえてきて、そうかーと思った。

この人は、私がシナリオ文章仕事をしてると知ったら名刺頂戴、ののち、同じ仕事に就くにはどうしたらいい?って根掘り葉掘り連絡してきて、それは別にいいんだが、趣旨として『頑張らなくても優しくしてくれる個人じゃない文章仕事できる会社(社保完備)に就職したい、あと書く内容は記事とかじゃなくて私のオリジナルコンテンツで、どうしたらいい?』みたいなことを言われたので、今時点では難しいかな、いろいろ書いて実績をもっていけばもしかしたらっていったらキレて去っていったのち、Twitterで私の悪口を書いていたので、すげぇ!と思っていたのだが、ふっふふ、首になったか……。

いや、喜んでるわけじゃないですよ、ええ。珍しく因果応報とか思っただけで。

 

仕事がやや立て込んでいるので、家が荒れ始めた。何とかしなければ、どうして家はすぐあれるんだろう。困った困った。ねー犬?と犬を見てもつぶらな瞳で見つめ返し何をされても無抵抗主義の犬なのであった。そろそろ厚いしコタツの電源を切っていたのだが、どうやら犬は寒かったらしく、夕方になってぶるぶる震えていたのでコタツを付けてあげたらいい感じにすやすや寝ている。

 

 

今日も夢を見た。
夢を見て起きるのは、今日の最も最初の出来事なのに、最後に書くなんて、なんか滑稽だなとも思うけど最後に書く。なんかこんな摩訶不思議なのが一番上にあると、私の摩訶不思議度数と日記の狂気度数が上がってしまいそうに思えるからだ。

というわけでクレイジーな夢日記をどうぞ。

 

私は昔いた実家にいて、隣の空き地でジャニーズの若者たちが運動会系の収録をしている。そんななか、私たちは実家を引っ越ししようとしている。家族と、と思ったけど、よく考えたら妹一人以外の兄弟はおらず、親は父は職人系のしらない人、母は母っぽいけどたぶん違う似たテイストの違う人だった。母と父が喧嘩をしていて、私は仕方ないな、というか父母に何も期待をしていなかったので、洗濯したりごみ捨てしたりしていた。

途中、学校へ行ったのか、妹が11万円で卒業写真を頼んだんだけど、お店の人に、どうせエイズになって死んだりするからとる意味ある?など言われ、ショックを受けたので写真撮るのをやめたい、というので、私が電話をかけて相手を非難して写真は断れそうに。その電話はなぜか学校の大きな体育館でやっており、いろいろな生徒が朝礼のように座っている中での電話だったので、電話の声が聞こえたのだろう、元恋人と数人が振り返って私を見ていた。

そのうち、私はなぜか大きな交流自動道路みたいな場所におり(インターチェンジみたいな場所)、橙色の街頭にぼんやり照らされた夜の道路に乗ろう?としている。道路では異形が一定方向にすすすーって近未来的に移動している。車的な感じで。私は、異形のように、あんなに早く歩けないと思っていたら、道路ではとりあえず止まらず自分の速度でみんなと同じ方向に歩いていれば大丈夫(ただし乗れなかったら死にそうな勢いだったし異形がいたので怖かったし、本当かよ、と私は思っていた)、と隣にいた誰かに言われ、まごまごしながら道路の方向にのったら、FGOみたいな世界観になり(しかも晴天で昼)、なぜか流れるプールみたいなところに。私は誤って空を飛べる人用のレーンに乗ってしまい、そこには恋人(人間女)とコースが違うところにきた天使(女)がいた。彼女は恋人と別レーンなことをちょっと残念そうにしていたが、先で恋人に会えるから、と元気ぶっていた。私、飛ぶのうまくない(なぜか夢ではわたしは空を飛べる設定だった)と彼女に言ったら、飛ぶのうまくない人用のレーンもあるよ!(空を飛べるレーンに飛ぶのがうまい人用、あまり得意でない人用があるということらしい)と言われ、そちらへ。で、完全に流れるプールだった。あんま飛ばない。これが飛ぶの苦手な人用ということだろうか?など思いつつ、流れた先のカーブで私は水流の勢いにまかせて脱線し、下のプールへ落ちちゃった。で、レーンに戻るために施設?へ入ったら、カイニスみたいな人がいて、人間用の厳しそうなプールへ行こうと張り切って誘ってくるのでい、いやだーとなったところで起きた。

 

……文章力がないのではない。夢がわけわからなすぎるんだ!

まじで訳の分からない夢だ!

まぁ夢はわからないものなのだ。夢とは分裂の病的なものだといったのは林先生だったか。断片的でない夢は夢ではなく、病的でない夢は夢ではない。

 

スポンサードリンク