電子の海でダンスを

あたまのゆるいシナリオライターの雑記帳。

ハーゲンダッツみっつとトキワ荘

昨日は相棒と打ち合わせじゃった~

というか、おとといから打ち合わせて、朝がた寝て、トキワ荘へいったという顛末である。

トキワ荘へは仕事の下見というやつであり、すっごくトキワ荘素敵だった!30分くらいで見て終わりかな?と思ったけど見どころがありすぎてたぶん1時間半くらいいました。

もっと見たかったけど仕事の予定がな……。

 

さて、昨日から今日今この瞬間にかけてハーゲンダッツを三つたべた。すごくうまい……ハーゲンダッツマカダミアはすばらしい。イオンで3つで600円だったから相棒と6つかって私は3つ相棒むつこ君は2つ食べたのだ。うま。隣にやってきた犬がアイスのカップをすばらしい熱意で舐めていて、

 

「ああ、やっぱりハーゲンダッツっておいしいんだね……」

 

と思いました。

 

それにしても今日はあっつかった。トキワ荘に入るときにコロナ対策で入り口でスキャンされていたんですが、日差しが強かったせいで熱で反応して、体温をぴっとデコで測るやつではかられるはめに。館内の人も「今日はあついですもんね…(だから反応しちゃったんですね)」というニュアンスでした。

 

トキワ荘で興味深かったのは、石ノ森先生が割と原稿出したらあとはあまりセンシティブにあれこれ言わない、適当にやっちゃってて、という人だったということ、反対に手塚先生はそういうことはなかったということ、石ノ森先生のコマワリは画期的であり、手塚先生はそれまで四コマ主体だった漫画をストーリーに塗り替えてしまった先駆者だったということで、めっちゃ面白かった!

 

あと、編集?漫画家のだれそれさんの部屋にはいつも食べ物があって皆集まってる(皆の絵が犬でかかれてる)とか、毎日楽しそうな様子が明るく楽しく書かれており、いた人たちの回想も、「懐かしい楽しいなんとかなるという気がした、青春にこにこ」という感じで、すごい明るくてよかった。

クリエイターにはご飯を食べさせろ!!!というのはなんというかわかるところであり、私も師匠にご飯を食べさせてもらっていたし弟子にはとにかくご飯を与えまくっている。あと昔の師匠たちっていつもご飯食べさせてくれたような感じがある。

ご飯大事。ご飯がいつもあればなんかなんとかなる気持ちがわいてくるもんね。

 

 

スポンサードリンク