電子の海でダンスを

あたまのゆるいシナリオライターの雑記帳。

仕事の予約多々

 

いやぁ~。仕事の日って感じでした。

11時頃に起きたんですが、昼過ぎからはシナリオ系の会社に用事があって顔を出したりもしたよ。

 

今日は別件のゲーム系の全設定の依頼後、仮プロットの依頼があったので一つ仕事決まり、あとは新聞社の仕事が決まり、悪役令嬢のマンガを見た会社さんが、私とむつむー組で編集会議に乗せてくれるという話が決まり、仕事が色々決まった日じゃった。

 

新年早々色々仕事が決まるので、今年も仕事がいっぱいくる年になりそう。

悪役令嬢もの掲載されたんですが、一応反響があってよござんした。

作品て、何でもとりあえず最後までちゃんと作ってみるのが大事だなって思います。

 

今日はジムで仕事の愚痴というか、知人がアンチ活動に明らかに従事してて、本人ばれてないつもりなんだろうけど文体とかで誹謗中傷を私やうちの弟子にしているのがもろばれで、多分人生うまくいってないんだろうけどどうしたもんかという話をしたら、いつもよくしてくれるとなりのロッカーの上品な奥様が、こそこそっと

「そんなのね、気にしないことよ!でもね、今日帰りながら『くそったれ』って言いなさい……笑」

ってアドバイスくれたので不覚にもかわいくて萌えちゃいました。

上品な人からの突然の暴言ってなんかかわいい笑 とりあえずかえりしなくそったれっていいますっていうかもういっていたような。

あと、誹謗中傷って割とばれるよねというのは、今別件であれこれしてる誹謗中傷案件でも思いました(これはたぶん今年本になるかなぁ) ていうか、皆、だんだん言葉選びや文体の運び方、癖から

「これ、あいつじゃね?」

みたいになってて、開示後ほぼあっていて驚愕。まぁ何かこういうのってわかるよなぁ。ちなみに、裁判をやっているのでわかりますが、誹謗中傷、暴言を書く人達はお金もなく人生が上手くいっていないのが大多数……だからかわいそうっちゃかわいそうだが、裁判するとなるとお金ないからすぐ払えない人が多くて困るんだよね……。

それにしても、この案件では、皆句読点のつけ方、改行の仕方とかで一発で犯人を仕留めていて本当に……でもなんかわかるのはわかる……。私もわかるもんなぁ。というか、ほんと人間って書き方の癖ってあるんだよね。

 

それはさておき、人の作品や記事を誹謗中傷する人って、自分が書けなくなるというのは割と執筆系の人から聞いたことがあるし、私もそう思う。創作とか、ライティング志す人ならやらないほうがいい。その誹謗中傷が、いざ自分が作り手となったとき、自分を刺すのだ。自分の言葉が自分を刺して何も作れなくなる……ことが多いと思うよ、多分ね笑

 

 

あ、ちなみに原作やった悪役令嬢ものはこちら

yawaspi.com

 

スポンサードリンク