電子の海でダンスを

あたまのゆるいシナリオライターの雑記帳。

夢の中で二つの川の歌を歌っていた

今日は朝9時まで、ゲームの仕事(主に世界設定)と記事の仕事と部屋掃除をしており、なぜかといえば、昨日今日明日と事実上の何の予定もない好きなように仕事していいし休んでもいい適当DAYだったので、こりゃいいやと思って昨日起きた時点からどこまで仕事できるかってずっと仕事してて、来たばかりのシイタケの世話をしてちょっとベッドに入ったのが確か今日の朝7時過ぎくらいで、気が付いたら夜の19時になっていました。

 

良く寝た。

夢を見ておりまして。

友達むーが同人誌を出していて、それに245/500みたいに、出した冊数500に対してそれが何冊目かのしるしを入れており、

「むむむー!?発行数かくとトラブルに!?」

とか言ってるところから場面転換してなぜかうちの犬と洋服ハンガーみたいのをバンで運ぼうとしているところからのバンのブレーキのかかりが悪く、うまく道を走れない感じになってからの、ものすごく唐突にアルメニアとフランスとどっかの国の国境(ちなみにこれは夢なので事実と関係ないです、アルメニアとフランスは隣じゃないし……)の教会に私はいて、そこは何か地上から高い場所にあって、で、私はその教会で遊園地のぐるぐる回るアトラクションみたいな、ジャニーズの空飛ぶやつみたいな、なんて言ったらわからないけどそういうのにつかまってぐるぐる飛びながら、Due fiumiを歌っていました……

何なのこの夢……Due fiumiは幻想水滸伝のトゥーリバー市の歌……。アンネリーが歌ってくれる……。

すごく気がくるっておる夢じゃな……?

 

ともあれ、起きたら19時だったので急いでジムへいき、サウナに入りながら、

「サウナのこのなーんもない時間って、瞑想できるな……」

とか誰もいないサウナで考えていて帰宅してシイタケの様子を見てあれこれ片付け等して今ですよ。

一日があっという間!

 

メールみたら前回書いた令嬢もののマンガが褒められており、仕事になりそうな感じでした。やったー。

 

仕事するぞーい!

 

スポンサードリンク